Archive / 2005/11

永源寺ダム01


*istDS+FA50mmF1.4
撮影地 : 滋賀県東近江市永源寺高野町  
撮影日 : 2005/11/29
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : なし
自動露出測光モード : 中央重点測光

時の過ぎゆくままにのかとさんに教えていただいて、
平成18年に完成した永源寺ダムに行ってきました。その管理事務所ホムペに寄ると愛知川の氾濫を沈め、下流のかんがい用水供給をはかると書いてあります。

季節は晩秋、紅葉真っ盛り。
少し迷ったが教えて頂いたとおりの道順で干上がったダム湖底に降り立つことができた。

永源寺ダム02

永源寺ダム03

永源寺ダム04


振り返るとお墓が高台にあることが判る。
湖底に沈まないように村のお墓を集めて祭ったことが推測される。

ずーっと降りていくとたくさんの石垣が見てとれ、集落か棚田の石垣であろう。
さらに凝視すると今まで使っていたようなすり鉢、食器、釜などの生活用品を見つけた。
一歩降りたとたん独特の空気を感じたのはこういう空気だったのだろうか。
ダムができずにそのままの村落が残っている景観を想像するとき
いたたまれない気持ちになってしまい、ぼくは撮影を忘れ両手を合わしていた。

訂正

上記完成年に誤りがありました。
×平成18年
○昭和47年
訂正します。

秋雨にぬれる東大寺

*istDS+FA135mmF2.8
撮影地 : 東大寺大仏殿付近
撮影日 : 2005/11/29 7:46
露出時間 : 1/40秒
レンズF値 : F2.8
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : -1.3
自動露出測光モード : 中央重点測光
レンズの焦点距離 : 135.00(mm)
自己満足度 ★★★★☆

久しぶりに大和路へ

行くなら平日に限る。
だってこの時期土日に行ったりしたら身動き取れません。
着くころにまさかの雨模様に車のワイパーを完結2段目。
それが撮り始めると見事に止んでくれて
こんなラッキーなことはない。
やっぱ東大寺に行くとしっくりするのは、性が合ってるのかいな?

帰りに奈良市写真美術館に寄ってきた。
目的は「大和路を愛した巨匠-土門拳と入江泰吉二人展」
なんて贅沢な一日

その後永源寺ダムへ・・・

ゆく秋

*istDS+SIGMA 18-50mmF3.5-5.6DC+手持ち
撮影地 : 岐阜県揖斐郡谷汲村神原1160
撮影日 : 2005/11/27 7:47
露出時間 : 1/20秒
レンズF値 : F5.6
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : ±0
自動露出測光モード : 中央重点測光
レンズの焦点距離 : 50mm付近
自己満足度 ★★★★☆

6日付両界山 横蔵寺
に書きましたがそろそろかな?と思って行ってみました。

今回は、私の写真の師であるPhotograph 写心の日鷹さんにご一緒いただいた。
折りしも氏が前日から所要で名古屋入り、
名古屋の写真仲間とお食事をご一緒でき色んな話をお聞かせ頂いた。
場所はいつもの= my Style =

早朝の光の中で
行く秋を惜しんでいるような景色に出会いました。
Saloon de DukeのどこかにUPを予定しています♪

大阪

*istDS+FA50mmF1.4
撮影地 : 大阪 
撮影日 : 2005/11/22
露出時間 : 1/2500秒
レンズF値 : F1.5
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : なし
自動露出測光モード : 中央重点測光
レンズの焦点距離 : 50.00(mm)
自己満足度 ★★★☆
(写真はこの記事内容とは関係ありません)


連れの人が美味しい喫茶店があるからいこっ!
って謂うから、早く帰りたかったんだけど付き合った。
30年もやってそうな、KEYコーヒー使ってる喫茶店。
普通のサイホンコーヒーにクリームを乗せて
自由に飲めって謂うのがこの店の売りらしい。
ウインナと云ってる。
まぁたいした事は無い。
(僕は、昔京都のイノダが好きだった)

それよりちょっと厭だったのが、電池切れの携帯に電気を頂きたいので
近くのコンセントに充電をさせて欲しいと茶髪のバァさん店主に依頼した。

「邪魔!邪魔やで!!邪魔、邪魔」

いくら
ここが大阪だからってわたしゃあんたとは初見。
まして客に「邪魔」ってどうよ##プチッ!!
たぶん彼女は私がコンセントからコードを長く伸ばして
使用するとでも勘違いしたんだろうと思う。

「あほかいな」
最初から電気をくれと云っとるやんけ。
コンセントの横にコードを丸めて携帯を置けば全然邪魔とちゃうやろオバン!

最後に電気代請求したらどや!
云ったが、要らんと云いよった。
大阪やなぁ。

そうだ!・・・京都「善峯寺」

*istDS+FA50mmF1.4
撮影地 : 京都市西京区大原野小塩町1372 善峯寺 
撮影日 : 2005/11/22
露出時間 : 1/1600秒
レンズF値 : F2.0
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : なし
自動露出測光モード : 中央重点測光
レンズの焦点距離 : 50.00(mm)
自己満足度 ★★★★☆

本館”Saloon de Duke”に久々新作22枚UP!
FA50mmF1.4レンズ1本で撮りました。
どうぞご覧くださいませ。

そうだ・・・京都。

*istDS+FA50mmF1.4
撮影地 : 京都市西京区大原野小塩町1372 善峯寺 
撮影日 : 2005/11/22
露出時間 : 1/100秒
レンズF値 : F5.6
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : -0.3
自動露出測光モード : 中央重点測光
レンズの焦点距離 : 50.00(mm)
自己満足度 ★★★★☆

商談までの時間
東山か法然院に行ってみようかと
思って新幹線に乗車したのですが
車内ポスターで発見した「善峯寺」に行ってみたくなって方針変更しました。
(最寄は阪急東向日駅から阪急バスが便利!
・・・が、新幹線ポスター効果で大変なことになったらしい。)

ラッキー!丁度見頃の紅葉に出逢うことが出来ました。
これも偏に「日ごろの何とか」かなぁ(^o^)丿
そんな訳で明日は久しぶりにUP作業をしてみようかな?
と今のところ思っています。
新作UPを忘れかけた”Saloon de Duke”ですからね^^
誰かさんみたいに50mmF1.4一本勝負(#^.^#) デヘッ

名古屋城

*istDS+FA135mmF2.8
撮影地 : 愛知県名古屋市 名古屋城お休み処
撮影日 : 2005/11/19 11:03
露出時間 : 1/640秒
レンズF値 : F3.2
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : -0.3
自動露出測光モード : 中央重点測光
レンズの焦点距離 : 135.00(mm)
自己満足度 ★★★☆

「談笑」
という言葉しか思いつかない己の語彙の貧しさに苛立ちを禁じ得ません。
しかし、まぁ仕方なしとしませふ。

左の腕だけ写っている人の写真機に注視する人
なにやら話し掛ける人との会話を愉しむ人。
旅行で訪れた仲間たちが憩いのひと時を持った一瞬だろう。
この季節木枯らしが運ぶ冷たい風に
思わず暖かい飲み物が恋しいものである。

明ける渥美湾

*istDS+FA135mmF2.8+三脚+セルフタイマー
撮影地 : 愛知県蒲郡市金平町遊名田3-14 形原温泉鈴岡
撮影日 : 2005/11/20 6:12
露出時間 : 1/2秒
レンズF値 : F8.0
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : -.07
自動露出測光モード : 中央重点測光
レンズの焦点距離 : 135.00(mm)
自己満足度 ★★★★


お正月用の朝陽が撮れたかも(^o^)丿
だからその写真は内緒(笑)
でも太陽を撮るとCCDに良く無いって本当?!

追記
gama2


新宿御苑前

*istDS+FA43mmF1.9Ltd
撮影地 : 新宿一丁目附近 
撮影日 : 2005/11/14
露出時間 : 1/400秒
レンズF値 : F1.9
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : ±0
自動露出測光モード : 中央重点測光
レンズの焦点距離 : 43.00(mm)
自己満足度 ★★★☆

東京メトロ新宿御苑駅の附近
こんな建物が残っていました。
懐かしい景色です。

とは言ってもいまどきの書店ってコミックが多いのよね。
BOOK OFFじゃないでしょ!って思う。
お姉さんもお兄さんもチラ見ですぅ。

三信ビル

*istDS+FA43mmF1.9Ltd
撮影地 : 有楽町三信ビル辺り交差点 
撮影日 : 2005/11/14 16:30
露出時間 : 1/50秒
レンズF値 : F1.9
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : ±0
自動露出測光モード : 中央重点測光
レンズの焦点距離 : 43.00(mm)
自己満足度 ★★★★

フランク永井さんの「有楽町で逢いませふ♪」
なんっちっても最近の人は知らないかもしれないし
知ってる人はしらばっくれるかもしれませんが
有楽町三信ビルはとてもステキなbuildingで
ビルヂングであります。
しかもですよ!
「ノックスフォトサービス」という
なんともレトロなミノックス専門カメラ屋さんも入っています。
このビルに居る間にも
たくさんのMB・MG(元)のオジ・おば様方をお見受けしましたよ。

有楽町
是非クリックして大きな画像で雰囲気をご覧ください。

多くの方が惜しまれる気持ちがわかりました。
なんとかならんのかい三井不動産さん。
(↑すみません)
断腸の思いでご決断されたんだろうと思います。

それではこの写真のビルは一体なぁに?

黄葉(三岳村)

*istDS+FA43mmF1.9Ltd
撮影地 : 岐阜県三岳村 
撮影日 : 2005/11/04 8:18
露出時間 : 1/320秒
レンズF値 : F2.0
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : +0.3
自動露出測光モード : 中央重点測光
レンズの焦点距離 : 43.00(mm)
自己満足度 ★★★★☆

この季節
谷あいの木々に光が届くのはゆっくりだ。
こう言う黄葉もありかなって
日本人に生れてよかったなぁと思いますね。

飴色のようにも見えませんか?

せせらぎ街道

*istDS+FA43mmF1.9Ltd
撮影地 : 岐阜県高山市清見町
撮影日 : 2005/11/12 8:10
露出時間 : 1/6秒
レンズF値 : F11
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : -1.0
自動露出測光モード : 中央重点測光
レンズの焦点距離 : 43.00(mm)
自己満足度 ★★★

K's Photo Gallery ☆SOLA のカズさんに
新潟県「松之山」の美人林プリントを見せて頂いて
いつかは撮ってみたいものでと考えております。

せせらぎ街道は、その名の通り渓流に沿って国道が走っており
その間にはこう云った雑木やカラマツなどの林が有る訳です。
この日は、小雨で木々がシットリと濡れていたので撮ってみましたが、
氏の作品とは似ても似つかない恥かしいものです。

seseragi01

*istDS+FA43mmF1.9Ltd
撮影地 : 岐阜県高山市清見町西ウレ峠 
撮影日 : 2005/11/12 7:45
露出時間 : 1/40秒
レンズF値 : F1.9
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : -1.0
自動露出測光モード : 中央重点測光
レンズの焦点距離 : 43.00(mm)
自己満足度 ★★★☆

ホネ休みの一日にしようと思っていたのですが
晩酌の一杯で熟睡できたのか3時半に起き出してしまった。
紅葉の様子を見て紅葉と出かけてきました。
小雨に濡れたドウダンツツジ(満天星躑躅)の紅葉が
鮮やかでした。

珈琲舎 でごいち

昨夜の風雨で今年の紅葉はおしまいとお茶を頂いた「珈琲舎 でごいち」のご主人。

福岡空港その2

*istDS+SIGMA 18-50mmF3.5-5.6DC
撮影地 : 福岡空港 
撮影日 : 2005/11/08 16:32
露出時間 : 1/320秒
レンズF値 : F8.0
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : 0
自動露出測光モード : 中央重点測光
レンズの焦点距離 : 36.00(mm)
自己満足度 ★★★☆



トランジット

と云えば聞こえが好いが
着陸後地下鉄へ向かう途中の通路で沈見かける太陽に遭遇!
もう少し粘りたかった所ですがOn Businessのため断念^^;


福岡空港


向こうに降りてくるJAL機を入れてみたが
ハレきり出来ていない上のほうが作業風景が入って面白いかもね。

何れもレタッチで明度マイナス補正しています。
ちょっと暗すぎ_| ̄|○

落ち葉たき

*istDS+FA43mmF1.9Ltd
撮影地 : 岐阜県谷汲村 
撮影日 : 2005/11/06 8:33
露出時間 : 1/125秒
レンズF値 : F4.5
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : -0.7
自動露出測光モード : 中央重点測光
レンズの焦点距離 : 43.00(mm)
自己満足度 ★★★

懐かしいでしょ、落ち葉たきを発見してしまいました。
こんな風景に出会うとほっとします。
焚き火が切れてるって?
そう、道路端の排水溝が近かったんでね。
もう少し向こうでやって欲しかった^^;

谷汲

D70/Ai Nikkor 135mm F2.8s+三脚+RAW現像
f=32.0 8秒
ISO感度 200
撮影日 2005/11/06 7:42
撮影地 岐阜県揖斐郡谷汲村神原1160
露出補正量(EV) ±0
測光方式,中央部重点測光
自己満足度 ★★★★

前からこう言う撮り方があることは知っていた。
なかなか似合いのシーンに出逢うことが無かったが
紅葉が落ちていたので今回初めての撮影となった。
流石digital!
撮ったその場で白い流れ具合が液晶確認できる。
ここまで絞らなくても充分だが、被写界深度を稼ぎたかったので絞ってみた。

平安時代(801年)創建といわれるこのお寺は、これから紅葉の名所として
東海地方や近県の人たちで賑わいを見せる。

三重塔
荘厳なつくりの三重塔も時代を感じさせてくれる。

濁川

D70/Ai Nikkor 135mm F2.8s+手持ち+RAW現像
f=8.0 1/200
ISO感度 200
撮影日 2005/11/04 10:21
撮影地 岐阜県下呂市小坂町辺り
露出補正量(EV),-0.3
測光方式,中央部重点測光
自己満足度 ★★★★☆

今朝は早くからRAW現像
色あいや露出、コントラストでなかなか気に入るものが出来てこない。
こんなときには高解像度液晶、高スピード、グラフィックボードが欲しくなる。

野麦峠

*istDS+FA43mmF1.9Ltd
撮影地 : 岐阜県高根村 
撮影日 : 2005/11/04 12:11
露出時間 : 1/320秒
レンズF値 : F9.0
露出制御モード : 絞り優先AE
ISO感度 : 200
露光補正量 : -0.3
自動露出測光モード : 中央重点測光
レンズの焦点距離 : 43.00(mm)
自己満足度 ★★★★

休暇を取って開田高原へ
陽が上がってしまったので辺りをブラブラしました。
峠の「このお助け小屋」で食事。

ここはそのむかし
「厳しい峠越えにより命を落とすものが多いことから、
小屋を建て、番人を置き、峠越えをする者を救いたい」
という願いを幕府が聞き入れ、天保12年(1841)に建てられました。

だとか


引用元
http://www.takanekankou.or.jp/nomugi/shisetu/index.html


今年は駄目かと思っていた紅葉に間に合いました。

sonny
写真はスイングジャーナル誌の表紙を携帯で撮らせてもらった

10月31日
ロリンズラストコンサート名古屋公演
愛知県芸術劇場 コンサートホール
早めに会場に着いた僕はホールの下見をした後
勢いをつけるためコップ酒をいっぱい引っ掛けにでた。
それでも18:40には2階の6列に座っていた。
係員に案内されるまま2階席前列に着く。
大ホールのイメージからずいぶん上の方から見下ろすのかと心配していたのだが
6列席はかぶりつきに少し遠いステージまで(15m)程度で絶好の距離である。

今回は、ds、per、b、g、ts、tsの編成だ。
開演時刻を15分ほど過ぎた頃sonny以外の5人がスタンバイ。
懐中電灯に導かれながらsonnyがとぼとぼと登場してくる。
いきなり会場は割れんばかりの拍手で迎える。
上の写真とは逆に黒いシャツジャケットに白い頭髪とストラップが映え、
赤いパンツと黒靴で決めた彼は、ヨッパなのか?と思わせる歩き方。
立っているのがやっとに見える。
1950年代にピークをむかえた(※)彼の年齢はおそらく80はくだらないだろう。
よぼよぼの彼は見たく無いなぁ等という懸念をtsの一声が完全に吹き消してくれた。
※ haruさん情報





おぉぉぉぉぉ!
ロリンズだぁぁぁぁぁぁ!





こうして魅惑のむせび泣くテナーを満喫した私は
誰よりも先にスタンディングしていた。
幸い全客席が追従してくれたの寂しい思いをしなくてすんだ。
St.Thomasを聴きながら
骨も砕けんばかりに打ちつづけたボクの両手は真っ赤になってしまった。

余韻にドップリと浸った私は
いつもの店に吸い込まれるように入っていた。
マスターに入れてもらったThe GLENLIVET [ NADURRA ] 16yearsストレートが
私の気持ちを次第に鎮めてくれた。