--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/16 (Sun)

「十津川(武蔵)の大踊り」 国の重要無形民族文化財


武蔵の盆踊りは、太鼓と2枚の扇子が特徴的です
踊り子はこの扇子をうまく操り優雅に舞います

090814totsumusashi043.jpg

090814totsumusashi041.jpg

クライマックスは「大踊り」と呼ばれ
飾り付けた笹を持った子供や男が囃子や太鼓の声で盛り上がり、櫓を走り回ります

090814totsumusashi023.jpg
SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC HSM


大踊りの由来

武蔵の大踊りは平安時代空也上人により「念仏踊り」として始められたもので
その後鎌倉時代に至って一辺上人が特にこれを広められたという。
(中略)
当時は春秋の彼岸とお盆の法要のときにお寺の広場にローソクを灯し
男女が集まり輪になって互いに歌をやりとりして朝まで踊り明かした
と伝えられている

十津川村「武蔵の盆踊り」(十津川村武蔵踊保存会編)より


参考
Nomoto's Photo Salon(野本 暉房氏)

Comment

コメント送信
管理者のみ読めるようにする

Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://dukesaloon.blog12.fc2.com/tb.php/1036-ba4adcb0
引用して記事を書く(FC2ブログ用)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。