--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/10/03 (Sat)

撮り方はお任せしますので

結婚式の撮影をとご指名いただいた


ストロボを使うのは嫌いだけど
瞬間は残してあげたい気持ちも
こんなとき今のカメラに
もう少し高いISO感度が欲しい


060108kkazz07.jpg
参考イメージ:明治村「聖ザビエル天主堂」にて(Jan 2006)
久しぶりの"FA43mmF1.9 Limited"レンズ

Comment

コメント送信
管理者のみ読めるようにする

c4103

色の持つパワーというものを常々感じ、その神秘性に心を動かされる事が多々あります。
この写真には思わず見入ってしまいます。

ストロボ、お嫌いなのですね。
私は結構使います。光らせている事の方が多いです。しかし、こういう光の下での撮影だと無粋で乱暴なストロボ光には遠慮頂くというのが当然正しい選択なのでしょう。

写真、心に染みる光を見せて頂きました...ありがとうございます。

c4104

協会の木のベンチの光だけで、ステンドグラスが揺らめきとまっているのが感じますね、、、新郎新婦の一瞬の静寂のキスがきこえてきそうですね、、、、

(ワタシもストロバは嫌いです。D90以降のニコンのカメラのISO3200の世界はありがたいです。そのうえVRの手ぶれ防止ですから、、、)


  • kei
  • 2009/10/04(Sun) 05:18:36
  • URL
  • Edit

c4105

↑↑↑のkeiさんと同感(@^^)/~~~
何度も何度も、ヤッパリの感じで D90 に戻ってくるのは、まさにそこです。高感度で崩れない、手ぶれ防止が信用できる、この2点で、「やるな~、ニコン」なのです。

c4107

GPEさん

過分なお言葉ありがとうございます
この教会のステンドグラスは冬の光に特に綺麗な色を
見せてくれると僕は思っています
そんな一瞬に出会えたこともお導きなのかなと

ストロボをほとんど使わないので
使い方がへたくそだったりするのかもしれません



keiさん

コメントありがとうございます
新郎新婦のキスはフレンチでは駄目ですね^^

ISO3200
が使えるのは羨ましい限り
こんな時のために新機種が欲しくなりますヽ(^。^)ノ



NKさん

お帰りなさい
さっそくにコメントありがとうございます
NYCでも「やるな~、ニコン」のやふですね
高感度対応カメラ(K-X)ほしい~

披露宴を撮って気づいたこと
新郎新婦はライトアップされているので
意外に暗くはない
食事の時はそんなに暗くならない

お騒がせしました _| ̄|○

Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://dukesaloon.blog12.fc2.com/tb.php/1092-57625d3f
引用して記事を書く(FC2ブログ用)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。