2010/02/22 (Mon)



うつそみの人にある我れや明日よりは二上山を弟背と我が見む
万葉集: 大伯皇女(おおくのひめみこ)

昨日の「二上山夕景」では、明日香の歴史に思いを馳せてしまいます。
ちょっとレンズを左に向けると、将にいま葛城山に沈んだばかりの太陽が
まだまだ強い光を放っています。


100221futa002.jpg
明日香甘樫丘にて(Feb 2010)

Comment

コメント送信
管理者のみ読めるようにする

c4760

オレンジ色の あったかさと
ちょっと じんわりくる 重なる黒い稜線

この景色も たくさんの時を過ごしてきてるんですね...。(・゚Θ゚・)+。・゚・。+♡
  • ぴょこたん♪
  • 2010/02/22(Mon) 21:54:30
  • URL
  • Edit

c4761

ぴょこたん♪

そそ、飛鳥には石舞台をはじめ種々の遺跡がありますね。
飛鳥時代に栄えた色んな歴史を眺めた景色でしょう。

肉眼ではみれない世界を写真は見せてくれますねヽ(^。^)ノ

c4762

良い夕景に出会えたのですね~
要素は少なくても、いろいろな感情を掻き立てられます。

c4763

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • -
  • 2010/02/24(Wed) 00:10:37
  • Edit

c4764

kazu-mさん

偶然に良い夕日に遭遇できました。
出逢えるかどうかは運だけど、行かなきゃ遭えないって言うことですね。
御言葉光栄至極、ありがとうございます。

c4776

鍵コメさん

> 写真・作品としての完成度は、「二上山夕景」のほうが上なのだろうに
> 思わず歓声を上げたのは今夜の「葛城山残照」でした。
> 何かアクセントやドラマがあれば…などと言うかもしれないけど、
> うっすら涙も浮かんだくらい心を揺さぶった。
> いつも記憶に残る一枚をありがとう。

写真家冥利に尽きるとはこういう瞬間(とき)かもしれません。
嬉しい嬉しい+∞なコメントありがとうございます。
また思わず鍵コメしたくなっちゃうような作品をめざしますよ~。
ありがとヽ(^。^)ノ

Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://dukesaloon.blog12.fc2.com/tb.php/1224-c869347f
引用して記事を書く(FC2ブログ用)