--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/03/14 (Sun)



100313omizu660_661.jpg
東大寺二月堂(Mar 2010)

お水取りの名の通り12日深夜(13日の1時30分ころ)若狭井(わかさい)という井戸から観音さまにお供えする「お香水」を汲み上げる儀式が行われます。
お堂から若狭井へ3回汲みにいかれますので、シャッターチャンスには恵まれているのですが、相当な見物人ですから、早くから場所を確保する必要があります。
深夜だからと高を括ってはいけません、今年は好い場所が確保できず両手でカメラを高く持ち上げライブビューを使っての撮影でした、なんとかなるもんですがクヤシい~(*_*)~、ちゃんとファインダーを覗いて撮りたいものです。


100313omizu660_662.jpg
この写真を撮影しているのは二月堂の舞台南側、若狭井(わかさい)は、この写真の右手方向にあります。
「お香水」は、二月堂の南階段を使って汲み上げられます。(お松明が上るのは反対の北階段)
汲んでいる間、お供は松明で照らしたり階段の篝火に薪を補充したりして待ちます。
右上のテントでは雅楽を演奏します。

Comment

コメント送信
管理者のみ読めるようにする

c4814

ほよぉ~~~っ♪って 言う 独特の音の流れ…
雅楽ってのにも ちょっと 興味あったりしますのだっ♪*^Θ^*

こういう 神事を 行っている場の空気に
その音によって 結界をはっているような。。。
なんか 神妙な 面持ちになりますよね。。。♪(・´Θ`・)ノ
  • ぴょこたん♪
  • 2010/03/15(Mon) 15:26:21
  • URL
  • Edit

c4816

ほよぉ~~~っ♪

ぴょこたん♪の表現は的確に雅楽の音を再現してますね。
わかるわかる、お見事です。

篝火で雅楽で1260年続くお松明ですから、それは神妙ですよ~。

Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://dukesaloon.blog12.fc2.com/tb.php/1244-8e6c5281
引用して記事を書く(FC2ブログ用)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。