2008/05/15 (Thu)

美唄のまちを歩くと厳寒の冬を重ねてきた炭鉱住宅が並んでいて、庭先の芝桜やチューリップが春を告げていました。
撮影許可を得てゆっくりと撮ってみたい場所でした。

080511bibai023.jpg

Comment

コメント送信
管理者のみ読めるようにする

c2692

なんだか映画のセットのようです。
北海道にはこういった場所が多いですね。

仕事は程々に…楽しんでください。


c2694

以前立ち寄った足尾の部落に似ているような気がします。

厳しい自然環境の中、逞しく生きる人たちの生活感が伝わってきます。

  • シャン
  • 2008/05/15(Thu) 19:31:48
  • URL
  • Edit

c2695

シャンさん、足尾って栃木の?
あそこは銅山の町でしたね。
なんとなく似てるのがわかります。
へたな観光地より、写欲をそそられます。

c2697

kazuさん
そうです栃木の足尾です。
一歩森の中に足を踏み入れると廃屋や昔築かれた堰堤などがあり、辺りは獣の匂いがしていました。

上流の松木沢でデイキャンプをしていたんですが、ツーバーナーの向こうに死んだ鹿が・・・(´△`) 

日が暮れて撤収。暗闇に目をやると沢山の鹿の目が光っていました。

今はどうなっているのかなぁ~
  • シャン
  • 2008/05/15(Thu) 21:37:02
  • URL
  • Edit

c2713

日鷹さん

健さんに出てきて欲しかったような(^_-)

c2714

シャンさん

>厳しい自然環境の中、逞しく生きる人たちの生活感が伝わってきます。

その通りの気持ちが湧いてきました。
伝わって嬉しい。

Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://dukesaloon.blog12.fc2.com/tb.php/669-724a8fa9
引用して記事を書く(FC2ブログ用)