--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/04/22 (Wed)

みなさまおはようございます。

距離が大きい場合の移動には飛行機が一番ですが、
飛行場ですごす時間が出張の楽しみの一つです。

昨日は早起きして羽田第二ビルのラウンジで羽田C滑走路(3000メートル)を眺めてきました。
はじめは、着陸ばかりでいつ離陸するのだろうと思っていたのですが、
やっと着陸専用であることに気が付き、その間隔のラップタイムをとったのでした。

090421haneda74702.jpg

凄いです。
因みに、この日はA滑走路からのポケモン ジャンボでのフライトでした。


Comment

コメント送信
管理者のみ読めるようにする

c3383

機種のせいでしょうか、フライト毎に意外とラップが違うものなんですね。新発見。(^_-)-☆

c3384

NKさん

そうか☆
機種によってランディング時の制動距離に変わりが出てきますよね。
それにしても、この感覚で期待を進入させる技術が、操縦士・メカニックとも凄いと思いました。

Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://dukesaloon.blog12.fc2.com/tb.php/854-9d8b7e16
引用して記事を書く(FC2ブログ用)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。